大内彩加さん性暴力被害で記者会見。谷賢一は何をしたのか?余罪や懲役は?

事件

俳優の大内彩加さんが自身が所属する劇団「DULL COLORED POP」の主宰者である谷賢一氏から性暴力を受けたとして訴訟を起こしました。

大内さんは劇団員として東日本大震災をテーマにした「福島三部作」に出演していた女優さんですが、今回の突然の告発により世間の注目が集まっています。

一体谷賢一氏は大内さんにどんなことをしたのか。他にも余罪があるのか。今までの行為が罪になるとしたらどんな刑罰があるのか調べてみることにしました。

スポンサーリンク

谷賢一氏は大内彩加さんに何をしたのか?

谷賢一氏 http://readinwritin.net/2019/09/20

今回大内彩加さんによる実名での勇気ある告発ですが、訴訟を起こされている谷賢一氏は一体何をしたのか。

大内さんの告発文やツイッターを見ると谷賢一氏は大内さんに対して強制性交をした疑いがあります。

訴状によれば2018年7月谷氏とお酒飲みに行った帰りに「終電がないから帰れない」のを理由に大内さんの家に押しかけ、その場で強制性交を行ったとのことです。

谷さんと7月にお酒を飲みに行ったのは👇のツイートに日になります。

出典:大内彩加さんのTwitter

そしてその数日後のツイートには心配になるツイートが投稿されていました。
👇

出典:大内彩加さんのTwitter

ツイートには「精神分裂」「私抱ける」「もっと可愛くいきていこう」という文字が並び、性加害に遭いながらも前向きになんとか生きようとしているような文面に見えます。

それに対しての谷氏のツイートがこちらです。

出典:谷賢一氏のTwitter

なんとか前向きに生きようとしている大内さんに対してかなりネガティブな発言です。

また、告発文には「もっと辛すぎる、深刻な性加害もありました。」とあり、胸を揉むことや、尻を触ることなどのセクハラを超えた行為があったこと、NPO法人のレイプクライシスセンターに相談したことなどから谷氏による強制性交があったことは間違いなさそうです。

最近では榊英雄監督の性暴力が問題となっていましたが、また演劇界でこのようなスキャンダルが起きてしまったのは悲しいことです。

これは氷山の一角にすぎず、被害に遭っても声をあげることができない女性はまだまだ演劇界にはありそうですね。

スポンサーリンク

谷賢一氏の余罪はあるのか

https://www.gorch-brothers.jp/wp-content/uploads/2020/03/artist3.jpg

大内彩加さんに対する性暴力で問題となっている谷賢一氏ですが、他にはどんな余罪があるのか、過去のツイートや大内さんや他劇団員の告発文をもとにまとめました。
👇👇👇

谷賢一氏の行ってきたパワハラ、モラハラetc

写真はイメージです
https://www.shutterstock.com/image-photo/man-touching-womans-butt-sexual-260nw-517333750.jpg
①女性の劇団員の胸を揉む、尻を触る、抱き着く
②他のメンバーがいる前で大声で叱責する。人格否定をする。
③急に人を叩く、蹴る
写真はイメージです
https://erogazooo.club/wp-content/uploads/2020/02/01/200202-201.jpg

この他にも酩酊状態で仕事をすることもあり、真剣に取り組んでいるのか疑ってしまうような仕事の姿勢で失礼な振舞いを仕事仲間の演者さんにしていたようです。

また、大内さんが劇団に入った当初、谷氏からのセクハラを先輩の劇団員に相談した際には「大内よりも酷い被害を受けて来た人はたくさんいるからなあ」と言われたとのことですから、今回の大内さんのようにセクハラを超えた性的な行為が大内さんが入団する前から常習的に行われていたと読み取ることができます。

谷氏を追及したり、他の劇団員の証言をとれば叩けば叩くほど出るホコリのように余罪がでてきそうで恐ろしいですね。

スポンサーリンク

谷賢一氏は実刑を受けた場合懲役は何年か?

https://4.bp.blogspot.com/-G2fUgVE_bDI/U7O8RoC455I/AAAAAAAAidI/4yPVEG-8o3Q/s800/taiho.png

今回大内さんは谷氏に対して550万円の損害賠償を請求していますが、過去には強制性交が判明して多くの犯人が逮捕されています。

谷賢一氏の強制性交が事実であれば懲役5年以上の有期懲役になるので、執行猶予はつかずに問答無用で刑務所に送ることができます。

谷賢一氏は全面的に否定

ただ、今回の件について谷賢一氏は大内さんの告発に対して真っ向から否定しており、全面的に争う姿勢を示しています。

自身は過去のツイートでパワハラについても言及しており、改善していきたいという思いを綴っていました。👇👇👇

自身もパワハラを受けており声をあげることの大事さを訴えていましたが、自覚がなかったのか自身が訴えられるとは夢にも思わなかったので、全面否定しているのでしょう。

それ故に客観視はできておらず、自身の行動を顧みることができなかったために今回の騒動にまで発展したのは言うまでもありません。

性的な発言があり説得力に欠ける

今回の大内さんの訴えに対し、全面否定している谷氏ですが、過去のツイート発言を見るとパワハラをしてきた発言や性的な発言があり、否定するにはあまりにも説得力に欠ける投稿が見受けられました。
👇👇👇

出典:谷賢一氏のツイッター
出典:谷賢一氏のTwitter
出典:谷賢一氏のTwitter

投稿は今から10年以上前のものになりますが、セクハラパワハラは当たり前のように行っていたことが読み取れます。

女性に対してセクハラをして殴るとはどういうことでしょうか。それも演技指導なのでしょうか。

このようなツイートをされた方も思い出したくないのかもしれませんが、訴えれば谷氏に制裁を加えることができそうな内容です。

スポンサーリンク

谷賢一氏は大内彩加さんに何をしたのか?余罪や懲役まとめ

出典:大内彩加さんのTwitter
谷賢一氏は大内彩加さんに何をしたのか?余罪や懲役まとめ

・12月15日俳優の大内彩加さんが谷賢一氏から受けたとされる一連のパワハラ及びセクハラ、レイプ被害についての告発を行い、谷氏に対して550万円の損害賠償請求を行った。

・谷氏は全面的に大内さんの主張を否定しているが、大内さんや他劇団員の告発によれば大内さん以外にもセクハラ、暴力を含めたパワハラは頻繁に行われていた様子で、度を越えた性的な行為を大内さん以外の劇団員にも行っていたようである。

・谷氏の大内さんへの強制性交が確定的となれば実刑は免れない。その場合懲役5年以上の実刑判決を受けることになり、執行猶予はつかない。
出典:谷賢一氏のTwitter
出典:谷賢一氏のTwitter

演劇にひたむきに打ち込んでいる様子もツイートにあり、感情を爆発させることで創作活動をしてきたことがうかがえますが、そのぶっ飛び過ぎた言動は結果的に多くの仕事仲間を悲しませることになりました。

そして谷氏の望む通りかつての仕事仲間である俳優たちが声をあげ、谷氏のパワハラ問題を突き付けています。

出典:谷賢一氏のTwitter

ここまで来ると滑稽に思えてきますね👆

出典:谷賢一氏のTwitter
出典:大内彩加さんのTwitter

お酒を飲み、パワハラ、セクハラをしないと心の平静を保てないとも思える谷氏は、ある意味どの劇団員よりも深刻なほど”心の弱い”人物なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました