メッシが着させられたビシュトの価格と購入方法は?【カタールW杯】

スポーツ

2022年サッカーワールドカップカタール大会は見事アルゼンチンがフランスとの死闘を制してメキシコ大会以来36年ぶりの優勝を果たしました。

そのトロフィー授与式でメッシ選手がカタールのタミル首長から謎の黒いシースルーのマントを羽織らされ物議を醸しています。

その黒いマントとはアラブでは王族、神官、貴族などが着用するビシュトという伝統衣装になるのですが、「政治的な戦略」「選手より主催者の都合を優先させた」として批判がある一方で、「メッシはサッカーの王にふさわしいから贈呈された」というような意見もあり、贈られた本人を尻目に諸外国で賛否両論の意見がでています。

そこで今回はこの物議を醸している「ビシュト」のお値段がいくらなのか。現地に行かなくても購入できる方法はあるのか調べてみることにしました。

スポンサーリンク

ビシュトの価格はいくら?

https://news-pctr.c.yimg.jp

メッシが着させられたビシュトの価格は最高級品なので価格は想像がつきませんが、王族が着用する高級品のビシュトとなると15,000リヤル。

日本円で542,300円するそうです。(2022年12月現在の価格)

ちなみに安いビシュトで200リヤル。日本円で7,200円になります。

安いビシュトと高いビシュトの違いは?

https://for-workers.co.jp/webblog/files/2013/04/slooProImg_20130409230004.png

安いビシュトと高いビシュトの違いは手作りか否かという点で、一から全て手作りのビシュトの場合は上記の54万円相当で最高級品にあたるようです。

グッチの革ジャケットくらい高い。

グッチのレザージャケット45万円 
https://www.gucci.com

メッシの着させられたビシュトもきっと最高級品でしょう。

あとは手作りかどうかだけでなく使っている生地にも最高級品とそうでないのとで違いがあると思うので、その点も気になります。

(参考:ARAB NEWS JAPAN)

ビシュトの素材は?

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a4/Wool.www.usda.gov.jpg

アラブの伝統衣装通販サイトによるとビシュトの素材はウールで生地の薄い方が夏用、厚手の生地が冬用となっているようです。

ウールでしたら保温性が高く、最高級品であれば肌触りもよく着心地も良さそうですね。

ウールについても調べてみると同じウールでも採取する部位によって毛の太さに違いがあり、最高級のウールは毛が細く肌触りが良く、逆に毛が太いウールを使用した生地は肌がチクチクすることがあるようです。

また、生地が薄いものは細い毛を使用するので、必然的に肌触りがよくなるそうです。

以上のことからメッシが着用したビシュトは、シースルーのように薄手の生地でしたから羊毛の中でも細い毛のみを使用した最高級品ということがわかります。

(参考:ストールライブラリー『ウールストールの利点と欠点、最適な活用方法』)

スポンサーリンク

ビシュトの購入方法は?

日本では中々見かけることのないビシュト。

その購入方法は基本的にネット通販で下記のお店で購入できるようです。
👇👇👇

アッサーミル(althamier)

https://althamier.com/

調べてみたところこのサイトが一番品ぞろえが豊富に思えました。

本場サウジアラビアの伝統衣装通販サイトです。

VISAやmastercard、アップルペイ対応。

https://althamier.com

冬用夏用、婦人用まで各種取り揃えています。

価格帯は380~719リヤル、日本円で13700~26000円の範囲で販売されています。

ただ、品質についての説明が翻訳してもわかりにくかったのがネックなのと、送料がいくらかかるのか不明な点です。

上質なウールを使用しているような表現もあります。

他のサイトと比べてもチープそうには見えず、価格も高い方です。

https://althamier.com

民族衣装専門店1PORT

https://1port.net

こちらのお店は世界各国の民族衣装を比較的リーズナブルに購入できる通販サイトのようです。

ビシュトも検索したら出てきました。

https://1port.net/list/accessories

こちらはアッサーミルと比べ安価ですが、こちらも輸送料、買い付け手数料等かかるので実際の金額より多く支払うようです。

民族衣装 中東をイーベイ(eBay)から個人輸入・購入代行・商品転送 - 1port
イーベイ(eBay)に出品されている民族衣装 中東を表示しています。1PORTではイーベイの商品を日本語で検索し、簡単に輸入代行サービスを申し込みできます。

関税がつく

海外から商品を購入する場合、その商品に関税がつきます。

サウジアラビアの場合だと多くの品目に5%の関税がつくようです。
(参考:https://www.jetro.go.jp/world/middle_east/sa/trade_03.html)

ちなみに私は乗馬用に革製品のブーツやすね当てをイギリスから購入した際、計2万円の商品に対して、送料、関税込みで倍の4万円かかりました。

イタリアとか海外で革製品購入するとやっぱ安いですもんね。

例えばアメリカの羊毛の関税は3.2%なので、サウジアラビアのウール製の衣類を購入しても革製品ほど関税はかからないと思われますが、商品の金額の倍の値段がかかると思っておけば損した気分にはならないでしょう。

スポンサーリンク

メッシが着させられたビシュトの価格と購入についてのまとめ

https://twitter.com/goaljp_official/status/1604548215763632128
メッシが着させられたビシュトの価格と購入についてのまとめ

・メッシが着させられたシースルーの黒いマントのようなものは”ビシュト”というアラブの民族衣装で主に王族などの貴族が着用する衣装である。

・ビシュトの価格は数千円~54万円まで幅広い価格帯であるが、その値段の違いは手作りであることと使用する羊毛の質(太い毛か細い毛か。細い毛の方が上質)によって違う。

・ビシュトの購入は基本的に海外のサイトから購入することになるが、表示金額+関税+送料がかかるので、実際には表示金額の倍くらいかかると思っておいた方が損した気分にならない。
https://static.chunichi.co.jp/image/article/size1/c/2/d/4/c2d46c0a4e44c358884049ce51d1718b_1.jpg

金額が気になる場合は問い合わせフォームからでも質問ができるようなので、詳しいことを聞いてみると良いでしょう。

アラブサイトの場合相手は海外の人なので、翻訳機能を駆使しつつやり取りするのが面倒な人は、上記の1PORTであれば日本語で対応してくれそうです。

ここまで書きましたけど実際ビシュトを着るシチュエーションってほとんどないだろうなぁ…。

ハロウィンのコスプレくらいかな。

https://tshop.r10s.jp/auc-amecos/cabinet/costume05/ar00049.jpg?fitin=300:300

おわり

タイトルとURLをコピーしました