名古屋女子大生殺害。住所年齢バラバラの3人の容疑者が集まった理由とは

事件

今回注目したいのは名古屋で起こった女子大生の不可解な死について。

名古屋市中区のビジネスホテルで女子大生を殺害したとして住所も年齢もバラバラの3人が逮捕されました。

なぜ、これからという人物が住むところも年齢も違う3人によって殺害されたのか、3人が集まった理由や共通点とは何なのか気になったので、調べてみることにしました。

スポンサーリンク

事件の概要

事件現場となったホテル 
出典:NEWS ONE

事件は12月6日名古屋市中区東桜2丁目のビジネスホテル「マイステイズ名古屋栄」で起きました。

場所はこちら👇👇👇

このホテルの一室で愛知県東海市に住む女子大生加古結莉さん(20歳)が頭にビニール袋をかぶせられ、首にテープを巻かれた状態で発見されました。

当時、加古さんは男女4人でホテル2部屋を予約し、宿泊していました。男女3人は加古さん殺害後そのホテルではなく別のホテルで宿泊していました。

逮捕された男女3人は福島県在住の渡邉真由美容疑者39歳、愛知県安城市在住の鈴木健太容疑者48歳、兵庫県在住の女子大学生18歳でいずれも居住地、年齢がバラバラで共通点がなさそうに思えます。

とても加古さんの知人とは思えず、なぜ、その3人が加古さんを殺害するに至ったのかとても不可解な事件です。

スポンサーリンク

住所や年齢もバラバラ。容疑者3人が集まった理由とは

住所も年齢もそれぞれ違う3人の容疑者。一体に室内で何があったのでしょうか。

自殺サイトで募ってみんなで死のうとした?

その3人が集まった理由として第一に考えられるのは「自殺サイト」で集合場所と決行日を打ち合わせしたということです。

その自殺サイトとして現在よく使われるのがTwitter

出典:Twitter

#自殺、#自殺希望、#自殺仲間などで希望者を募ってダイレクトメール(DM)でやり取りするようです。

過去の事件として有名なのは座間事件※ですが、最近では札幌の女子大生殺害事件※が記憶に新しく、いずれもTwitterで自殺希望を募って事件に発展しています

※座間事件
2017年8月から10月にかけて神奈川県座間市で起きた男女9人殺害事件。被告はTwitterで自殺希望者を募り、自宅で殺害した。
座間市で男女9人を殺害した白石死刑囚
https://www.jiji.com
※札幌女子大生殺害事件
2022年10月札幌東区で起きた女子大生殺害事件。容疑者の小野勇はTwitterで自殺希望者を募り、そこで知り合った小樽市の女子大生瀬川結菜さんの自殺を幇助し、逮捕された。
札幌女子大生殺害の小野勇被告

みんなが利用するTwitterがこのようなことに使われるが悲しいですが、そういうことができてしまう”死を選びやすい環境”を無くしていかない以上、このような悲しいツイートや事件が後を絶つことはないでしょう。

今回も自殺希望者を呼びよせてからの殺人という点では似たような展開となっており、ここからは推測になりますが、「TwitterのDM等で連絡をとり打ち合わせをして集まったものの、いざ加古さんの自殺を幇助をしたら怖くなり、逃げたところを逮捕された」という顛末が一番しっくりくるように思います。

また、薬物を使用したという経緯は自殺するときの苦痛を和らげるためとも考えられます。

”乱交”を行うにしては衣服の乱れもなく、抵抗したような跡も外傷もなかったということで、自殺目的でホテル2部屋を借りたのではないかと思われますが、容疑者3人が今後どのように供述するのか注目したい事件です。

スポンサーリンク

名古屋女子大生殺害事件についてのまとめ

出典:Googleストリートビュー
名古屋女子大生殺害事件についてのまとめ

・12月6日名古屋市中区のビジネスホテル「マイステイズ名古屋栄」で女子大生の加古結莉さんが頭にビニール袋をかぶせられ、首にテープを巻かれた状態で発見された。

・事件当時、加古さんは他男女3名とともにホテルにチェックインしていた。

・この事件に関わったとして別のホテルで宿泊していた渡辺真由美容疑者、鈴木健太容疑者、神戸に住む大学生の女の3人を逮捕した。

・年齢も居住地も全く異なる3人が集まった理由は過去の例から見ても「自殺サイト」で希望者を募ったからだと考えられる。ただ、いざやってみると怖くなり逃げてしまった。
●いのちの電話●  【相談窓口】 「日本いのちの電話」  

ナビダイヤル 0570(783)556  午前10時~午後10時  

フリーダイヤル 0120(783)556  毎日:午後4時~同9時 毎月10日:午前8時~翌日午前8時
タイトルとURLをコピーしました