【動画】韓国で大規模将棋倒しで120人死亡?事故現場の場所と原因

Twitter

韓国の梨泰院(イテウォン)で10月29日夜ハロウィーンパーティーに訪れていた民衆が将棋倒しとなり、120人死亡したという驚愕のニュースが飛び込んできました。

なぜ、ここまで最悪の事態となったのか。

その原因はある有名人が居酒屋に来店したことにより、それを聞きつけた民衆が一気に押し寄せ、将棋倒しになったのが原因とのことです。

そこで今回は事故現場の場所と動画、原因となった有名人とは誰なのか調査することとしました。

今のところ巻き込まれた日本人の情報は入っておりません。

※10月30日22:22現在2名の日本人の犠牲者が確認されております。

動画だけをまとめた記事もあります。

スポンサーリンク

【動画】韓国で大規模将棋倒しで死者120人?※現在146人まで上昇中

騒然としている事故現場 出典:ヤフーニュース

29日夜、韓国梨泰院(以下イテウォン)に訪れていた10万人の民衆の一部が将棋倒しとなり、韓国の報道では死者120人、ケガ人が100人という大惨事になったと報道されていました。

ただ、この情報については実際には死者20人という報道もあり、10月30日朝4時時点ではまだ、情報が錯綜しているため、正確な被害は判明していないようです。

韓国の報道では死者146人に増えているので、今後も増える可能性があります。

事故現場の場所は

黒丸が事故現場とされる場所 出典:eToLAND

事故現場となった場所は韓国の繁華街イテウォン駅のハミルトンホテル近く下り坂で起きたという情報があります。もしかしたらその下り坂も事故原因の1つかもしれませんね。

事故現場の場所はこちら↓

スポンサーリンク

閲覧注意!事故当時の動画

ここからは実際の事故動画になりますが、センシティブな動画がありますので、ご注意ください。

また、音量にもご注意を…

救助隊も懸命に救出活動を行っていますがあまりもの人数に追いついていません。

心肺蘇生で多くの人が救命を受けている異様な光景です。懸命な救命活動でみんなが必死に動いています。

巻き込まれた人が本当に苦しそうにして押しつぶされそうになっています。

こんなに大規模な将棋倒しの事故と被害者数は過去に例を見ないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

事故の原因は有名人がいたから?

事故現場から救急隊員がケガ人を病院に搬送する様子 出典:東亜日報

現在の韓国のニュースサイト等の情報をまとめると、事故の原因は「イテウォンでも有名なバー『ファウンテン』に有名人が来店したのを目撃したと噂が広がり、それを見ようと民衆が殺到したから」だとされています。

インスタグラマーだという情報はありましたが、有名人がだれなのかはまだ特定できませんでした。

有名人が来店したと噂が広がったバー「ファウンテン」
出典:eTOLAND

その付近はファウンテンの他にも2店有名人がよく来店するとされる有名バー「フロスト」「グラム」というところがあり、ただでさえ人が集まりやすい場所だったことがうかがえます。

また、バーの付近の路地は細長く、坂もあることから密集しやすく転倒しやすい場所だったったのではないでしょうか。

(参考:東亜日報、eToLAND)

以上のことから

①普段より人が集まりやすい場所だった。
②細い路地、坂道
③ハロウィーンパーティーで人が多かった。

ということが今回の事故の根本的原因と推察されます。もしかしたら、遅かれ早かれこのような痛ましい事故が起こってしまうような状況だったのかもしれません。

スポンサーリンク

韓国将棋倒し事故の原因と場所のまとめ

必死に救命活動を行う民衆と救急隊員 出典:東亜日報
韓国将棋倒し事故の原因と場所のまとめ

・10月29日夜、韓国イテウォンでハロウィーンパーティーのため集まった10万人の民衆の一部が将棋倒しの状態となり、120名以上死亡、100人けがという大惨事が発生した。

・事故の場所はイテウォン駅ハミルトンホテル近くの細い路地だった。

・事故の原因はイテウォンでも有名なバー「ファウンテン」に有名人が来店したのを目撃した人がおり、その噂を聞きつけて民衆が殺到したため。

・事故現場付近は元々ファウンテンの他にも有名人が多く来店すると言われているバーがあり、人が普段から集まりやすい場所だった。

・また、路地も細く、壁に囲まれて逃げ場が少なく、坂道であることからこのような事故が起こりそうな場所と思われる。
群衆雪崩となっている状態から助け出そうとしている人々 
出典:Twitter

目撃者情報では最初2人転んでそのあと立て続けに延々とドミノのように倒れたとあり、事故の悲惨さを物語っていました。

これからクリスマスシーズンに入っていきますし、二度とこのような悲劇を繰り返さないためにも一刻も早い原因の究明と対策が求められます。

タイトルとURLをコピーしました