ゆたぼん日本一周まで7県。あといくら必要なのか?

Twitter

少年革命家ゆたぼん(中村逞珂)さんの日本一周がピンチを迎えているようです。

10月26日に100万円の投げ銭があり、喜んでいたゆたぼんさんでしたが、振り込め詐欺だと発覚。一気に大赤字のピンチに陥ってしまった様子を動画投稿していました。

意気消沈しながらも再度投げ銭を募っているゆたぼんさんですが、あと7県はどこが残っていて費用がいくらかかるのか、気になったので計算してみることにしました。

目的遂行のため、豪遊しなければ達成できる??

スポンサーリンク

ゆたぼんさんが言う”あと7県”とはどこなのか

投げ銭を募るゆたぼん https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp

少年革命家ゆたぼんさんがしきりに言っているあと7県とはどこを指すのか。

調べてみると九州地方全域と沖縄ということがわかりました。

それは佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県の7つです。

福岡県についてはTwitterですでに着いてるコメントが見られることから、福岡を除外し、居住地である沖縄県を含めた7県が残りの県ということになります。

福岡県での不登校児訪問についてはまだアップされておりません。

これからのアップが楽しみですね✨

スポンサーリンク

あと資金はいくら必要なのか

福岡から那覇でも壮大な旅 出典:Googlemap

あと7県、九州一周と沖縄帰還を達成するにはどれくらいの資金が必要なのか計算してみました。

結論から言うと目標達成のために必要な金額は総額400,986円です。

どのルートで行くのか

まず、今回九州一周&沖縄帰還に向けてのルートですが、以下の順番で県を周れば効率的に沖縄に帰ることができると思います。↓↓↓今回はガソリン代節約のため距離が短くなるように選出しました。

スタート地点:福岡
↓
長崎(糸島、唐津、伊万里経由→佐世保)
↓
佐賀(佐世保市→佐賀県:武雄市、佐賀市)
↓
熊本(熊本市→阿蘇山)
↓
大分(大分市→津久見市)
↓
宮崎(延岡市→宮崎市)
↓
鹿児島(都城市→鹿児島市)
↓
ゴール地点:沖縄

これはあくまで一例で上記の地名は立ち寄る場所ではなく、経由地点になります。

フェリーの都合上最後はどうしても鹿児島にしないといけないのがネックですが、比較的距離は短く抑えられたはず。

長崎は諫早の方まで行ってしまうと距離が長くなるので、日本一周ということを目的とするなら佐世保で不登校児と面会するのがベストです。距離にして97km。

出典:Googlemap

その後、佐賀市から国道34号線、443号線、57号線で一気に熊本市まで147kmを走破。

出典:Googlemap

熊本市からは国道57号線で阿蘇山を通過して県道40、131、30、412号で大分市まで120km。

出典:Googlemap

大分は他の都市をすっ飛ばして一気に国道326号線を南下、その後有料道路「東九州自動車道(E10)」を通って宮崎まで189km。

出典:Googlemap

宮崎から宮崎自動車道、都城志布志道路を経て九州最後の鹿児島まで127km。

出典:Googlemap

福岡から鹿児島まで合計距離は680kmとなりました。

あとは鹿児島港からフェリーで沖縄(那覇)帰還で日本一周完了になります。

スポンサーリンク

ガソリン代は

ゆたぼんさんが嘆いていた一番かかるとされるガソリン代ですが、上記ルートを走破した場合のガソリン代は23,256円です。

ゆたぼんさんが乗っているスタディ号はマツダボンゴトラックになるので、厳しめに実燃費5km/ℓで計算(参考:e燃費)。

マツダボンゴトラック 出典:e燃費

そうなると680kmでは136Lのレギュラーガソリンが必要となります。

レギュラーガソリンの現在の価格は1リットルあたり九州で最も高い大分県で給油したとして171円。(福岡県で満タンまで給油したと仮定。)

136L×171円で23,256円

その他有料道路(現金)やフェリーの費用

☆有料道路※カッコ内は料金

福岡ー佐賀(唐津、伊万里経由で780円)
長崎(佐世保)ー熊本(2,880円)
熊本ー大分(高速料金なし)
大分ー宮崎(2,480円)
宮崎ー鹿児島(1,890円)
☆フェリー※カッコ内は料金、フェリーはA’LINEを利用したものと仮定。

鹿児島ー那覇(143,700円)
税、寝台料金、車両輸送費、燃料調整費等含む。2等運賃で計算。

有料道路+フェリーで計151,730円になります。

燃料費よりもこっちの方が軽トラがある分お金は遥かにかかりますね。

結果、福岡からスタートして九州制覇から那覇までの予想交通費は174,986円となりました。

スポンサーリンク

宿泊費、食事代は

出典:Twitter

宿泊費及び食事代の総額は226,000円です。

お金がないなら車中泊や食事も比較的安い惣菜や500円くらいのお弁当を購入したりして費用を抑えたいところですが、ここはあえて何があるかわからないので、宿泊はホテル、食事は外食するものとして高く見積もることにします。

ホテルはビジネスホテルで料金は高めの7000円/1人(福岡のビジネスホテル平均高値。参考:アットイン)。

出典:アットイン

外食は一食あたり1000円と仮定。

1県あたり移動時間含め滞在期間2日として2泊。

沖縄を除く6県で2日ずつとすると所要12日で11泊

以上のことから

食事代=12日×3食×2人×1000円=72,000円

宿泊費=11泊×2人×7000円=154,000円

結果、食事代宿泊費あわせて226,000円となりました。

そして交通費、食事代、宿泊費全て合計すると400,986円が九州制覇と沖縄帰還、日本一周達成までにかかる費用となります。

ただ、今までのゆたぼんさんの食事の傾向を見ると比較的食に関しては高めのところを選んでいる傾向なので、それなら宿泊費を抑えて外食費の上限を引き上げるなどして工夫することが必要に思います。

スポンサーリンク

まとめ

ゆたぼんさんの日本一周残り7県と費用についてのまとめ

・ゆたぼんさんは動画投稿で26日の投げ銭100万円が振り込め詐欺だったことを明かし、日本一周達成が資金的にピンチであるため、改めて資金提供を訴えた。

・ゆたぼんさんが言う”残り7県”とは佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県の7県である。

・ゆたぼんさんの残り7県制覇と沖縄帰還して日本一周達成までにかかる費用はおよそ40万円(燃料費、食糧費、宿泊費)である。

以上長々と計算しましたが、本当にお金が足りなくて困っているのであれば、まずは今まで稼いできた分やお父様が貯蓄した分があればそこから資金を捻出したり、費用を安く抑えるように行動するなどして、”姿勢”を見せれば共感者、支持者が増え、ひいては支援してくれる人が出てくるかもしれません。

”人にお願いする前にまずは身を切る”という姿勢で不登校児と会うことに特化した企画であれば、男気があってかっこいいですし、それもスタディーになって良いのではないでしょうか。

お財布を落とし、スマホが壊れたようですが、ここが正念場と思っているのであればこそ、踏ん張って頑張るゆたぼんの姿を私たちに見せてほしいです。

2022.11.01追記
10月31日にITサービス会社から100万円の振り込みがあり、ゆたぼんさんが動画投稿で報告していました。この100万円で日本一周は問題なく達成できそうですね。

ただ、ゆたぼんさんに心に留めておいてほしいのは「もらって当たり前と思わないでほしい」というところです。その100万円で何ができるのか、よく考えて不登校児や自身の成長のために使ってほしいですね。

タイトルとURLをコピーしました