【画像】ビズリーチ多田洋祐社長死去。後任酒井哲也氏の経歴や年収は?

仕事

7月2日ビズリーチの多田洋祐社長が急性心不全により40歳の若さで亡くなりました

突然の訃報で驚きは隠せません。

後任の代表取締役社長には副社長であった酒井哲也氏が就任することになりましたが、

①酒井哲也氏とは一体どんな方なのか?その経歴

②代表取締役社長である酒井哲也氏の年収はどれくらいなのか

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

多田洋祐前社長のプロフィール

多田洋祐前社長 出典:Twitter 

生年月日:1982年6月15日

出身地:神奈川県川崎市

最終学歴:中央大学法学部(偏差値:最高65)

趣味:サッカー観戦

ビズリーチって何の会社?

ビズリーチってCMのイメージが強いですよね。綺麗な女性が得意げに「ビズリーチ!」と人差し指を立てて言うシーンが印象的です。

そもそもビズリーチって何の会社なんだろうって思った方もいるのではないでしょうか。

ビズリーチは求職者課金型転職サイトのことで取り扱う優良企業は約17000社。

年収1000万円以上のオファーが3分の1以上というハイクラスな転職サイトのことです。

自身のキャリアアップにつながるきっかけになるサイトを運営している会社なんですね。

https://www.youtube.com/watch?v=yzJ_qeHzX_8

ビズリーチの若きリーダー

多田洋祐氏は2006年に中央大学法学部卒業後にエグゼクティブ層(経営者、幹部)に特化したヘッドハンティングファームを起業。

2012年にビズリーチに入社しました。

その3年後には取締役、さらに2020年には代表取締役社長に就任し、ビズリーチの若きリーダーとなりました。

33歳で取締役就任、38歳で社長って異例のスピード出世ですよね。

それだけとてつもない手腕を発揮していたのでしょう。

多田氏が生前仰っていた「企業の力は採用力」を思い出します。

ビズリーチ創業者の南壮一郎氏はすごい方を採用したんですね。

今年はビズリーチ入社10年目の節目の年でしたが、ゴルフ中に急性心不全で倒れ、その早すぎる死を多くの方が惜しんでいます。

ゆくゆくは会長になってまだまだ引っ張っていく存在だっただけにかなりの衝撃ですね。

多田前社長には妻と子供が2人

https://assets.st-note.com

多田前社長の家族は妻と長女、次女の4人家族でした。

Twitterでお子様の日々の成長をアップするほど愛していました。

スポンサーリンク

新社長・酒井哲也氏のプロフィール

酒井哲也新社長 https://www.bizreach.co.jp

生年月日:不明(2003年に慶応義塾大卒となっているので1981年?誕生日は11月2日?)

最終学歴:慶応義塾大学商学部(偏差値:最高67.5)

新社長の酒井哲也氏は2003年に慶応義塾大学商学部を卒業すると株式会社日本スポーツビジョン、リクルートを経て2015年にビズリーチに入社しました。

酒井哲也氏の経歴も華々しい。

人材派遣大手のリクルートで営業部門長を務めた後、ビズリーチでは事業本部長、統括本部長、副社長と順調にキャリアアップしています。

それにしても今回の件で一番驚いているのは酒井社長かもしれませんね。

妻や子供の有無は現在調査中です。

代表取締役社長の酒井哲也氏の年収は?

https://assets.st-note.com

新社長の酒井哲也氏の年収は一体どれくらいなのでしょうか。

日本最大のヒューマンリソースネットワーク「日本の人事部」によれば、ビズリーチ社長の年収はおよそ4500万円以上となるようです。

このデータは「2020年役員の報酬等に関する実態調査」において上場企業及びそれに匹敵する企業の平均値から算出されたものです。

しかし、ビズリーチは株式会社ビジョナルの傘下で上場企業に劣らぬ業績を残し、ビジョナルが2021年に東証マザーズ上場の企業に成長していましたから、平均以上の年収が予想されます。

年間4500万円以上も稼げたら色々な事ができて夢いっぱいですね。

将来安泰です。

それでも上に立つ人って会社がさらに成長するためにどんなことができるのか日々考えているように思いますから、年収は後からついてくるものとしてあまり意識していないかもしれませんね。

スポンサーリンク

多田洋祐氏死去で代表取締役に就任した酒井哲也氏のまとめ

https://assets.st-note.com
多田洋祐氏死去で代表取締役に就任した酒井哲也氏のまとめ

・ビズリーチはキャリアアップを求める人のためのハイクラスな転職サイトを扱っている会社である。

・前社長の多田洋祐氏は30代にしてビズリーチの代表取締役社長に就任した若きリーダーであり、家族を大切にしていた人だった。

・新社長の酒井哲也氏も華々しい経歴で慶應義塾大学卒業後、リクルートを経て順当にキャリアアップしてきた方。妻や子供についてはまだ明かされていない。

・ビズリーチ社長の年収はおよそ4500万円以上で急成長を続けている会社なので、実際にはもっと高い年収があるように思える。
https://news.tv-asahi.co.jp

今回の多田洋祐前社長の突然死は衝撃的でしたが、前から持病はあったようです。

前日まで元気な姿を見せていただけにそのショックは計り知れません。

多田前社長のご冥福をお祈りするとともにビズリーチの更なる発展を願って、酒井新社長の舵取りに注目していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました