MAKi流お家で節約ラッピング〜大きいサイズでも困らない?!〜

生活に役立つ

「ネットで買うとラッピングしてもらえない…」

「ラッピングにあまりお金かけたくない…節約したい」

「サイズが大きいものってラッピング難しいよね」

こんなお悩みがある方にラッピング節約&大きいサイズの対処方をお伝えします!

今回家族へプレゼントをネットで購入したので、そのラッピング方法をご紹介

サイズも大きいのでラッピング用紙買ってこないとかな、と思ってたのですが、意外とお家にあるもので解決できちゃいました♪

ラッピングは多種多彩なので、ちょっとしたヒントになると嬉しいです。

スポンサーリンク

家であるものでラッピング

今回ラッピングするのは、こちらの「ジェンガ」!

うーん、、、ぼちぼち大きいなぁ…

小さいものならA4サイズのコピー用紙でラッピングできるけど、今回は大きいので「紙袋」の力をお借りしましょう!

入ったには入ったけど…なんだかこのまま包むのは「包みました!」感が漂いそう…

そんなんわけで、底を切り、一枚の紙に戻してみました。

よし!ここからキャラメル巻きで包んでみよう!

包む前にまず、綺麗な面が正面に来るように、前後の位置を定めながら巻いてきます。

実際にものをコロコロさせながら確認すると確実ですよ。

あ…薄々気づいてたけど、やっぱり天地の部分の長さ足りなかったー!orz

ラッピングあるある、大きいサイズのものは包むものが足りなくなってしまうパターン。

そんな時は足りないところに足せば良いのです!

紙のサイズが足りない時の対処方

上の部分が「こんにちは♪」しているので被せる感じでラッピングをしていきます。

包んだ紙が「無地」なら、ポイントとして「柄」を持ってくるとオシャレです。

折り紙、英字新聞誌、終わった月のカレンダーの写真・イラスト、布、ショッピングバック、紙ナプキン、アルミホイル?!などなど。

スポンサーリンク

節約&オシャレポイント

お家にプリンターがある方は、ぜひA4やA3サイズで柄を印刷するのもオススメですよ!
インターネットから探すのと沢山柄が見つかります★
一番簡単なのは、お持ちの洋服の柄やハンカチをそのままコピー印刷してしまうのも。
我が家では気に入った柄をストックしておいて、A3サイズにカラーコピーして使ってます。
文具屋でもアルバム作成グッツエリアに厚手のパターンシートが売ってるので、チェックしてみてください♪
コンビニのコピー機で印刷しても数十円なので、
ちょっとしたラッピングなら100円ショップより安いのでは!?

被せる紙の大きさはある程度カバーできれば大きさに決まりはありません

綺麗に包むために、紙の中心にものを置いて包むとバランスよく包めます

テープで固定する際は折り合わせた見えない位置で貼るのがいいです。

もしくはそのままテープなしでリボンで結び始めても開ける時楽ですよ♪

今回はちょうどいいリボンがなかったので、麻紐の登場です!

茶袋との相性がよく、我が家の定番になりつつあります。

ちょうちょ結びをして…完成です!

スポンサーリンク

ラッピングのコツ

包む前に全体の大きさを実際にものをコロコロさせながら確認する

包み出すと、折り目がついてしまうので、この確認はとても大事!

初めのうちは厚みのあるものほど何度か確認しておくと失敗が少なくなります

包むときは角や折り曲げは丁寧に

折り目がふわりとしてると最後の締めで全体が緩んでしまう原因に!

必ず都度丁寧に折り目をつけてください。

紙裏が見えないように折り込んで包む

今回のラッピングのように紙を被せる際、紙の裏が見えないように考えながら包んでいくと見栄えが綺麗です。

もしくは裏表見えてもいい両面印刷やアルミホイルみたく裏表がないもの使うのも手ですね。

スポンサーリンク

あると便利なオススメ3アイテム

麻紐

100円ショップで買えるので、しばらくもちますw

我が家では、額を壁に引っ掛けたり、コード結など色々と家周りのもの整頓する際大活躍中

今回のようにリボンがわりにも使えて、マルチアイテム☆

茶無地紙袋

今回のラッピングにも使用した感じの紙袋がオススメ。

我が家では冷蔵庫の仕切りとして野菜を入れたり、メルカリなど発送時に活躍中

ちなみに麻紐と組み合わせて即席紙のハンドバックもできたりするので、併せて持ってるのをオススメ☆

マスキングテープ

いろんな柄があって迷うけど、モノトーンで1、2つ持ってるだけでも十分

おすすめは、茶色と金色。好みでワインレッドや、ブルーブラック、シルバーなど。

(金銀+カラーなイメージ)

柄物が良ければドット柄は比較的シーン選ばず使えます

この3つがあれば基本ナチュラルでおしゃれなラッピングがいつでも気軽にできちゃいますよ!

スポンサーリンク

まとめ

最近はネットで購入することも多くなり、プレゼントも自分でやらないといけないこともありますよね。

今回は安くて気軽にできるラッピング方法をご紹介しました!

結構身近なものを工夫して使うだけでそれっぽくなっちゃうのが不思議です。

慣れてくると100円ショップでラッピング用品買うのももったいなく感じてきてしまいそう

これからバレンタインデーもあるので、ラッピングのヒントにぜひご活用ください☆

ここまで記事をご覧いただきありがとうございます

タイトルとURLをコピーしました