MAKi流「水彩色鉛筆」の使い方

MAKi流アート

「水彩色鉛筆、色鉛筆と何が違うの?」

プレゼントに水彩色鉛筆もらったけど、使い方がいまい分からない。

水彩色鉛筆ってなんだか使うのが面倒い感じがする…

以前文房具店で働いていた時、よく聞かれます「水彩色鉛筆」のこと。

水彩色鉛筆じゃなくって、色鉛筆でいいんじゃない?

とか

水彩画は絵の具で描くものでしょ?片付け面倒いよね

とかとか…

水彩色鉛筆の魅力がまだ世間に伝わりきれていないのが悲しい!!

私は声を大にして言いたい!

水彩色鉛筆こそ最高の画材だぁ!!!

と、熱くなってしまうぐらいオススメの画材「水彩色鉛筆」

使い方や表現のコツ、使う上のメリット・デメリットも含めご紹介していきます!

みなさんにもこの記事で良さを感じ取ってもらえたら嬉しいです☆

スポンサーリンク

そもそも「水彩色鉛筆」とは?

まず色鉛筆は「油性」と「水性」の2種類があり、一般的に言われる色鉛筆は「油性」色鉛筆になります。

そして、ぱっと見は普通の色鉛筆ですが、その名の通り、水に濡れると溶ける性質があるのが「水彩」色鉛筆

鉛筆の頭の部分あたりに、水のマークやブラシのマークがついてるので、単体で購入時、普通の色鉛筆か水彩色鉛筆を判断するのに覚えておけば選ぶ際困らないですよ。

普通の色鉛筆とは違い、色を混ぜて塗ることも、描くこともでき、特徴を生かすことで表現の幅が広がります。

用意するもの

水彩画といえば、筆と雑巾、バケツに水いれて…というイメージありますよね?!

そこで!

筆は普通の筆でもいいのですが、オススメは断然「水筆」

水と筆が一体になっており、バケツが必要ないです!

なので作業中、誤ってバケツを倒して拭くはめになったり、使い終わったらバケツを洗うという、超絶面倒臭い事がなくなるのです!!!(素晴らしきかな、水筆…!)

さらに筆を拭くのにティッシュを使えば、洗い物、片付けがとっても楽!!

さっと拭いて、ポイっ…です♪

臭い雑巾ともおさらばです!

もちろん直接紙に描いたり塗ったりするので、パレットも不要!

初心者や、小さなお子さん、私みたく片付けな苦手な人にぜひぜひオススメする訳がここなのです!

チューブみたく絵の具が飛び散ることもないですしね。手も汚れにくいです!

なので用意するものは…

  • 水彩色鉛筆
  • 水筆
  • ティッシュ
  • 紙(水彩紙オススメ)

これさえあればどこでもスマートに絵が描けますし、片付けも蝶の如く楽です!

スポンサーリンク

表現方法

水彩色鉛筆はざっくり5パターンの塗り方があります。

  1. 普通に塗る
  2. 塗った後、水で溶かす
  3. 鉛筆の芯から直に筆で色を取って塗る
  4. 紙に塗りたい部分へ先に水分をたくさん含ませた後、塗る
  5. 鉛筆に直接水をつけて塗る

さらにそこから、色を混ぜたりグラデーションをしたり塗った上に描いてみたり…

塗り方の幅が大きいのも水彩色鉛筆の特徴です。

初めは、2や3のやり方で塗ってみて、慣れてきたら4の濡れたところに塗ってみるのがオススメです。

5はハイライトやホワイトなどピンポイントに色を際立たせたいときに使うのに役立ちます。
(人物の目の白い部分など)

水彩色鉛筆の注意点

ここまで水彩色鉛筆の魅力を熱〜く語ってきましたが、注意していただきたいことが数点

退色

水彩画の宿命というのか、日の光に当たると退色してしまうので注意です。

完成した作品を飾りたい場合は、退色を抑える保護スプレーをするのをオススメです。

水筆はとても楽なのですが、終わった後キャップを閉める際に穂先をきちんと整えて、注意しながら閉めてください。

何も考えなしに閉めると、次回使用するときに、穂先が寝癖じゃすまないような悲しい状態になってるので…

水筆は手軽さはあるもの、やはりちゃんとした筆に比べてコシや耐久性が低いので、表現をさらに深めていきたい方は普通に筆を使用するのもオススメです。

鉛筆の先

表現方法で鉛筆の芯から直接色を取るのをやりすぎてしまうと周りの木の部分だけ残ってしまい、普通に塗るのが困難になってしまうので、定期的に鉛筆を削るようしておくと後々楽です。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

この記事をご覧になって、「水彩色鉛筆使ってみようかな♪」なんて思ってもらえたら、とても嬉しいです。

「水彩色鉛筆が最高の画材だぁ!」

と叫んでしまう気持ちが少しでも伝わりましたでしょうか?w

水彩色鉛筆は初心者でも気軽に水彩画にチャレンジできて、小さいお子さんが使っても汚れる心配もなく、片付けがとっても楽チン!

しかも表現の幅も広く、水彩画の良さと色鉛筆の良さが見事に合体した素晴らしい画材なのです!

タイトルとURLをコピーしました