木村太郎の問題発言集&若い頃の動画(画像)のまとめ

芸能

今回注目したい方は元キャスターで現在フリージャーナリストとして活動中の木村太郎さんです。

たびたびネット上で問題発言が取りざたされている木村さんですが

①過去にどんな問題発言があったのか

②木村太郎さんの若い頃ってどんな風だったのか

気になったので調べてみることにしました。

どんな思いで発言しているのか知りたいですね。

スポンサーリンク

木村太郎さんのプロフィール

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/11/03/jpeg/20201103s00041000222000p_view.jpg

生年月日:1938年2月12日

出身地:アメリカ・カリフォルニア州バークレー

最終学歴:慶応義塾大学法学部

木村太郎さんというとフジテレビでコメンテーターとしてよく見かける印象で「好き放題言っているけど、この人どこから出てきたおじさん?」って思ってましたが、元々は世界でも活動していた記者の方だったんですね。

もう一つ意外だったのはアメリカ育ちでいわゆる”悪ガキ”だったという点。アメリカの一貫校に通っており、木村さん曰くサボり魔かつ悪さをしたりと素行が悪かったということで、日本にいる父親に呼び戻されます。

今ではまったくイメージがつかないですよね。

その木村太郎さんが呼び戻されて入れられた学校が

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/13/Tokai-highschool%28Nagoya-Aichi-Japan%291.JPG

愛知県でもトップの進学校である東海高校※です。

※東海高校
中高一貫の男子校で愛知県トップの進学校。偏差値は73。卒業OBは政財界の大物が多い学校としても有名。医学部合格者数は14年連続全国1位。

東海高校は偏差値ランキングが全国でも50位以内に入る超進学校でしかも卒業メンバーが錚々たる顔ぶれ。海部俊樹元総理をはじめ、メルカリ社長の山田進太郎、高須クリニックの高須克弥、そして流行語にもなった「今でしょ」でおなじみの東進ハイスクールの講師林修もおり、枚挙にいとまがありません。

そんな超進学校でまるで漫画「かぐや様は告らせたい」の秀知院学院の男子校バージョンを卒業したのが木村太郎さんなんですね。

というかそんな超進学校に転入できる木村さんもすごいですが、その父親って一体何者なんでしょうか(笑)。

スポンサーリンク

木村太郎さんの問題発言集

出典:ニュースセブンデイズ https://pbs.twimg.com/media/El36QTBUcAMpMXq.jpg

超進学校である東海高校を卒業後、慶應義塾→記者→ニュースキャスター→ジャーナリストと転身していった木村さん。

特にここ数年の木村さんの発言は物議を醸すものとしてたびたび注目を集めていますが、一体過去にどんな発言があったのか振り返ってみましょう。

命よりも経済

https://static.tokyo-np.co.jp/image/article/
「命が問題じゃないのはね、経済の時代なんで。僕はまだ経済優先すべきだと思う」
2020年7月19日放送『Mr.サンデー』(フジテレビ系)

東京の感染者数が日々減少していく中で、感染が再び拡大することを恐れてGoToトラベルに慎重だった政府に対して放った言葉です。

「命よりも経済を優先すべき」ととらえかねない発言で物議を醸しました。

私的には経済もたしかに大事ですが、命を日々つなごうとしている医療従事者やコロナで苦しんでいる人や防ごうと尽力している方の心情を察すると上記の発言は受け入れがたいものですね。

「ジョーカー」を規制すべし

https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/
「電車の防衛よりもね、これジョーカーの方が問題な気がするな」

「単独の映画になって今度出てきて、アカデミー賞の候補にまで入ってる」

「模倣犯が出てくる映画っていうのは観客に制限つけるとかしないと、こういう事件は起きると思う」

2021年11月7日放送『Mr.サンデー』(フジテレビ系)

バットマンシリーズに登場する悪役ジョーカーを真似して京王線内で刺傷事件があったニュースを受けて木村さんが「ジョーカー自体を規制すべき」と発言。これに対して宮根さんは「エンタメ自体が成り立たなくなる」と反論しました。

この発言については電車の防衛もたしかに大事ですが、「マネする人が現れる」ことを考えると木村さんの言うことも一理あるように思えました。

京王線刺傷事件の犯人の服部恭太被告 https://www.jiji.com/news2/kiji_photos/202111/20211106at31S_p.jpg

バットマンは世界的にとてつもなく有名なキャラクターなので、その影響力を考えると当然犯罪を犯そうとしている人の心にも影響を受けてしまうのではないでしょうか。

ジョーカーにも悲しい背景があり、罪を犯すまでの経緯があったにしろ、そのキャラをフォーカスする話は犯罪をもくろむ人とシンパシーしたり、犯罪を助長するものになるのではと思ってしまうのです。

俺を殺す気か?

『街を出歩いてる若者は俺を殺す気か?』

2020年4月7日放送『Live News it!』(フジテレビ系)

2020年の4月に安倍総理が緊急事態宣言の会見を開くことを受けて街の人にインタビューしている映像を見ての発言です。

インタビューを受けている若者を見て放った言葉ですが、木村さん的には冗談で言ったつもりかもしれませんが大炎上。社会学者の古市さんからは「そしたら80代の木村氏が今テレビに出演していていいのか?」と返されてしまいました。

社会学者の古市憲寿さん https://imgc.eximg.jp/i=https

当時高齢者はコロナ感染による死亡リスクが高いとされていたので、高齢者を代表して発言したとも思えますが、私からしたら「お互い様」という感じ。

「若者だけ」とか「高齢者だけ」とかではなくみんな同じだけ責任があると思うので、今もこれからも「うつさない、うつらせない」行動が大事だと思います。

スポンサーリンク

木村太郎さんの若い頃画像まとめ

独特の切り口で物議を醸す木村さんですが、若い頃はどんな方だったのか写真を見てみたいと思います。

若いですね。↑の動画は86年の木村太郎さんなので当時48歳ということになります。

めちゃくちゃ失礼ですが、年の割には意外とお若いですね。

出典:ニュースセンター9(NHK)1983年4月4日放送 https://www.youtube.com/watch?v=c1zATREapXo

↑の画像が確認できる中で一番古いものとなり、木村さんが45歳の時の映像です。やっぱり若い!

1985年8月に起こった日航機墜落事故のときもいち早くニュースを伝えました。動画は木村さんが1分20秒まで映っています。

https://www.youtube.com/watch?v=GQ8nYmmaL_g

白いスーツで清潔感があってかっこいい。早口ですが明瞭な声でニュースを伝えていてとても聞き取りやすいです。今の木村さんとは全く違うイメージですね。

そんなNHKニュースセンター9の顔だった木村太郎さんも今や84歳。たしかに物議を醸す発言がたまに見受けられますが、芯を突いたコメントをする方でもあり、たまに考えさせられるきっかけを与えてくれる人だと思えます。

今度はどんな発言でお茶の間やネットを賑わすのか。

木村太郎さんの発言に今後も注目していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました