MAKi流簡単アイデア出し「ブレインストーミング」〜迷った時はコレ!〜

MAKi流アート

「公募向けの作品を作りたいけど、いいアイデアがわかない」

「何を描こうか思いつかない」

「やりたいことが多すぎて、整理できない」

などなど、人の頭の中って複雑で、たまに混乱しちゃいますよね。

今回はそんな「頭の中を整理」するのに打って付けの方法「ブレインストーミング」をお伝えします。

スポンサーリンク

MAKi流ブレインストーミングとは?

ブレインストーミングとは、集団でアイデアを出し合うことによって相互交錯の連鎖反応や発想の誘発を期待する技法である。 人数に制限はない。

By Wikipedia

ブレインストーミングは一般的に職場で使われるシーンが多いようです。

実はNZでは中学生の頃にデザインや美術の課題を行う際に「ブレインストーミング」は毎回行うもので必須でした。

私が使っている「Brainstorm」もといブレインストーミングは一人で黙々とできる至極簡単なものです!

「頭の中のものを全て出し切ってから整頓する」

それがMAKi流ブレインストーミングです!

私は作品のネタに困った時は必ずストーミングしてアイデアを捻出してます。

例えば年賀状のデザインを考える時何を描こうか毎年迷いますよね?

私のやり方はこちらです!

スポンサーリンク

ブレインストーミングの流れ

まずペンとできるだけ大きめの紙を用意します。

テーマを一つ決め、紙の真ん中あたりに書き、丸く囲います

例)年賀状のイラスト

テーマに沿ったキーワードを3〜5ほど思いつくまま書いてきます

例)十二支、正月、挨拶、葉書

さらにそのキーワードから連想してくものを思いつくままに関連する単語を書いていく…

例)うし、門松、初夢、感謝、友人、家族、

これをネタが切れるまで繰り返します

今度は全体を見て、新しい単語やアイデアを連想、似たような内容ならまとめたりすることで整理されていきます。

例)うしが初夢を見ているイラスト

頭の中のものを全て出し切ることで、全体を見れてまとめやすくなります。

ちなみにBrain Storm」とは、単語を囲む「丸」を「雲」に見立て、単語と単語を結ぶ「線」は「雷」なんだと教わりました。

なので脳内で嵐が起こってる感じでしょうか。またインスピレーションの意味もあるそうです。

ブレインストーム応用

本来作品のアイディアだしに使っていたブレインストーミングですが、社会人になって「自分のしたいこと」や「今後の目標」など立てるときにも役立ってます。

他にも自分の部屋のインテリアを考える時にも使ったりしますw

沢山の方面から「自分の頭の中を整理する」ことが出来るのが「ブレインストーミング」です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

作品のアイデアだしにはもちろん、自分のライフスタイルなどを見つめ直す時にもすごく役立ってくれる「ブレインストーム」

何か迷いごとがあったらぜひMAKi流ブレインストーミングやってみてください★

タイトルとURLをコピーしました