初めての「イベント準備」〜展示ブース編〜

作家活動

「当日はただ作品を持っていけばいいんだよね?」

「たくさんの人に見てもらうにはどうしたらいいのだろうう?」

「インベントに参加することになったけど、緊張してきた…うまくいくかな?」

初めての展示会参加はドキドキするし、何を持っていけばいいのかわからなくなりますよね?

当日あれが足りない!これがない!?あーしておけばよかった…など、後悔が少ない方がやっぱりいいですよね?

そんな皆さんに今回は過去イベントや展示会に参加した経験をもとに、おすすめの準備方法をお伝えします!

この記事を読んで準備しておけば、もう展示会当日は怖くない?!

スポンサーリンク

準備するものとは?

作品

「作品をお披露目するイベント」なのであなたの作品は必須ですよね。

もし販売可能なら作品それぞれに値段設定もしてしまいましょう!

グッツ

もしまでグッツがないようなら、イベントをきっかけに、グッツを作ってみましょう〜

自分の作品がグッツになるのって、更なる進化を遂げたような感じになりますよ。

私の初めてのグッツはポストカードと、缶バッジを作ってました。

フライヤー

あなたの作品がちょっと気になる…そんな方へ持ち帰ってもらえるように、あなたの作品や経歴、SNSなどをまとめた内容を載せておくと宣伝になりますよ♪

お金をかけずに、アイデアや見せ方で作るのがおすすめ!

またQRコードも一緒に載せておくと、気軽にアクセスしてもらえるので要チェック!!

ポートフォリオ

過去の作品集。もしかしたら業界の方も来てるかも?!そんな時のために作品集的なもを一冊用意いておいて夢を膨らませるのもアリかも。

スポンサーリンク

名刺

初めての展示会の場合そこまで必要ではないかもしれないけど、作っておくことで間違いなくテンションMAXw

初めは100枚とかではなくて数十枚あれば十分。プリンターでも印刷できる名刺の印刷用紙があるので、お金はかけずに、でもしっかりした名刺を作るのがBEST

その他必要画材

当日ブースで待機してる時間に作品を作ったりすることができる時間もあるので、画材を持っていきましょう。

展示用棚

グッツを販売するのもイベント参加の楽しみの一つ!

盲点なのが展示の棚が意外と悩みものなので、必ず現地で用意されている棚も合わせて、大きさや目に入る高さなど事前に計算して用意しときましょう!

またテーブルに敷く布も用意しておくのがgood★

食べ物と飲み物

「腹が減っては戦はできぬ!」

一人で参加してる時なんか特になかなか席を外しにくいもの。

小腹が空いた時にちょっとしたお菓子などあると便利★

会場によって飲食不可の場合もあるので事前に確認しておきましょう。

スーツケースとポシェット

作品を持ち込むとなると意外と荷物が多くなります。

現場が散らからないように、貴重品は常に身につけれるようなポシェットやポーチに入れ、それ以外の細々したもの全てをスーツケースにまとめてしまうのがおすすめです。

スーツケースは移動も楽ですし、横の倒して布をかければ、即席のちょっとしたテーブルにもなり便利です。

荷物はシンプルがベストです!

スポンサーリンク

人を惹きつける展示

せっかくイベントに参加したからには、沢山の方にみてもらいたいですよね!?

イベント参加してみると、たまに作品だけポツンと飾ってるだけの方とかを見かけたりするのですが、とってももったいないです!

多くの人に作品はもちろん、作家名も覚えてもらうのが一番です!

なので自分の名前も大きくわかるように展示しておきましょうw

また、人を惹きつける展示で大事なのは「統一感

作品の世界観だったり、イメージやコンセプトに沿って統一感を意識して展示するのがとても大事です。

作品自体だけではなく、作品を飾る額、棚の質感もこだわってみてください。

最大に展示をアピールしたいい場合は、必ず仕切りの壁なども展示物などで埋めれるといいです。

与えられたブースエリアを床から壁、可能なら天井も!全てをあなたの世界観で埋める気持ちでディスプレイを用意すれば、間違いなく目をひく展示になります。

さらに、トドメに世界観に沿って、「香り」や「音楽」なども使うと、「視覚、聴覚、嗅覚」にアプローチできておすすめ!(必ず会場のルールを確認して行ってくださいね)

スポンサーリンク

慌てないための当日の心構え

当日は期待と緊張でドキドキとワクワクで心臓痛くなりますw

「沢山人が来るかな?」

「仕事のオファーが来たらどうしよう?!」

「グッツ完売して足りなくならないかな?」

など妄想が暴走しちゃいますよね。

そんな時はまず「深呼吸」して、心を落ち着かせましょう。w

どんなハプニングがあっても全ていい経験になります。

いろんな人との出会いがあります。積極的に声かけたり、挨拶したりして仲間やファンをつくりましょ〜

もちろん人が来ない時間帯もあります。そんな時は作品を作ったり、展示物の見直しをしたり、一人でできて、楽しめることをしてみてください。

リラックスして、その時その時を楽しんでいれば、楽しそうな雰囲気にみんな近づいてきます。

初めてのイベント、「完璧を目指さない」で、まずは「楽しんで」くださいね。

タイトルとURLをコピーしました